ビーマ亭本店~定休日・毎週水曜日w~

12/19 最近のお気に入り→ライオン飯店(天満)!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月18日

新潟→東京ツアー3日目・5軒目!
P1030063.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

今年1月にも行った「RAMEN CiQUE」。

お目当ては醤油でしたが、醤油は無念の売り切れ(T_T)
P1030064.jpg

塩ラーメン+焼トマトトッピ。
(★★★★★)
前回食べたのと同じもの。
ですが、こんなにも美味かったっけ!?と思うぐらい、凄みすら感じる美味さ。
焼トマト必須。

店内はチリひとつ落ちてないでしょって言うぐらいにピカピカ。
落ち着いた雰囲気も最高。
何でココ並ばんの? (謎)

ごちそうさまです~!!!!!

これにて遠征レポ終了!
次回更新からは関西編に戻りますが、更新が・・・(汗)
溜まりまくってますwww
一部省略していい?(滝汗)

「RAMEN CiQUE」

(住所)東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-10-8
(電話)非公開
(時間)11時30分~14時、18時~20時
     土・日・祝日 11時~17時、17時30分~22時
     火曜・18時~22時
(定休)月曜(祝日の場合翌日休)
(最寄駅)地下鉄丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅 徒歩7分ぐらい
スポンサーサイト
2009年10月18日

新潟→東京ツアー3日目・4軒目!

凪グループの今年度開店の新店。
今日行ってきました。

「しもふり商店街」とゆう、何とも味のありそうな商店街の入り口にお店があります。
P1030059.jpgP1030060.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

このお店は「麺屋武蔵」や「凪」でいろんなラーメンに携わってきた西尾さんがお一人で切り盛りされているお店。

カウンター6席のみとゆう小さなお店ではありますが、店主である西尾さんが忙しそうに、
それでも楽しそうにお仕事をされていました。

昨今の東京は右を向いても左を向いても「煮干し」のラーメンが業界を席巻しているように感じます。

白湯でも、清湯でも、キーワードは煮干し。
「凪」も昨日夜に食べたゴールデン街にあるお店ではパンチのきいた煮干しのラーメンを提供しているし、9月に西新宿にオープンした「特級煮干しそば 凪」では屋号のごとく煮干しを全面に押し出し、
「新宿煮干しラーメン」の地位を不動とした感のある印象です(西新宿のお店は未訪だけど(笑))

そんな東京において、他とは違う奇をてらわない1杯を提供しているのがこちらの西尾中華そば。
P1030062.jpg

中華そば
チープなビジュアル。
中央に添えられた豆もやし。
薄く張ったスープ表面の油脂。
褐色の醤油スープ。
ダシがバシッときいたどこか関西風の味わい。

一見どこにでもありそうなラーメンですが、驚くほどこの手のタイプのラーメンが東京には少ない。
多種多様化している東京のラーメンシーンの中で見渡しても数少ない系統の1杯ではないでしょうか(このラーメン自体は王道的なタイプなはずなのに(笑))。

様々な魚介系を感じるスープに油がもたらす旨味とコク、
すっきりしながらも味わい深い甘さを含んだスープ。
ああ、これだよこれ!とラーメンの原点と言うか、本懐と言うか、
この3日間で忘れかけてたものを思い出させてくれるような至極の1杯でした♪

チャーシューも焼タイプならではのジューシー感溢れるもの。
やっぱチャーシューは「焼豚」が旨いっすね(*^^)v

東京に行くたびに最近は凪の店舗に必ず突撃するようにしています。
凪の店員さんは、どこか他店と違ってプロ意識と言うか、
志が高い気がする。
繁盛店になっても驕ることなく、お客さん目線での接客。
今年1月に行った新宿ゴールデン街の2代目店長さん?の暖かい接客や、昨日行った同じゴールデン街の若い顔なじみの店員さん。
忙しくても笑顔を絶やさず、次から次にやってくるお客さん一人一人と向き合ってました。
ボクは基本的に「美味けりゃいいじゃん」って感じで接客は2の次に見るんですが、ココはホントに素晴らしい。
my箸持参でラーメン食べて、今遠征19軒行ってお箸洗ってくれたのは西尾中華そばだけでした。
1人で切り盛りされて忙しくてもお客さんの方に目がいってる証拠ですね。

連食中は全汁しないのですが、お箸を洗ってもらってる間にスープ一気飲み!(笑)
突発的行動でしたw

暖簾の掲げられた「味の本流」とゆう文字が眩しいっ!
まさに本流、ラーメンの原点に触れる事ができたお店。
すがすがしい気持ちで次のお店に向かうのでした(チャンチャン)。


「西尾中華そば」

(住所)東京都北区西ヶ原1-54-1
(電話)非公開
(時間)11時30分~15時30分、17時30分~21時30分
(定休)水曜
(最寄駅)JR山手線駒込駅 徒歩10分!
2009年10月16日

新潟→東京ツアー3日目・3軒目!

中央線で都心まで逆戻り。
都営三田線に乗り換え蓮根駅へ・・・
P1030053.jpg目当ての「らーめん 元」でした(汗)

並びは20人ほど。

ちなみに並んでる途中で関東のラーメン雑誌等でお見かけする有名な方が颯爽とチャリで現れました(笑)
少しお話をしてようやく店内へ。

ココは先日発売された雑誌で新店ナンバーワンになったんだって!
P1030055.jpg

塩らあめん

う、美しい(´Д`)
ものっすご綺麗なビジュアルを備えたラーメン。

鶏の首ガラを使ったというスープは塩カドのない丸みを帯びたスープ。
表面の鶏油と合わさった黄金色のスープからは後追いで魚介の香りが漂ってきます。

素直に美味いんですが・・・

「らあめん 元」

(住所)東京都板橋区坂下2-16-11
(電話)03-5392-9567
(時間)11時30分~14時30分、18時~スープ終了まで
(定休)月曜
(最寄駅)都営三田線 蓮根駅徒歩1分!
2009年10月18日

新潟→東京ツアー3日目・2軒目!

立川→八王子。

電車で10分ほど。
東京西部の都市八王子ですが、今回初めて足を踏み入れる事になりました!
P1030048.jpg

煮干し鰮ラーメン 圓

東京の2009年度開店の中でも屈指の話題店として注目されているお店。

以前町田で営業していた「勇次」が移転されて八王子駅近くで営業されています。

勇次は駅から遠かったからなぁ…
確か町田駅から走って行ったよなぁと開店待ちをしながら懐かしく思っていました(笑)

P1030049.jpg

薄口醤油ラーメン
(★★★★★)

前日に行った凪の店員さん(ラヲタですw)が絶対食べてね!と言っていたラーメン。

神々しい黄金色のスープからはふくよかな煮干しの香りが漂ってくる!
アッサリとした中にも「旨味の塊」とも言えるような深いコクのあるスープ…

アカン、こらヤバいやろ!

まずやってくるのは煮干しの芳香な風味!
これが鼻腔をくすぐりまくりでテンションは一気に急上昇↑↑↑

で、エグみは無縁の煮干しのナチュラルな旨味だけを丁寧に抽出したかのような
鬼ウマスープ!

煮干しのインパクトを存分に感じる事ができつつ、コッテリ系にありがちな
パンチやワイルドさに頼らない王道系の醤油ラーメン…

これこそが「ラーメン」の真の姿なのかもしれません。

このラーメン、いつまでも食べていたいと思いました。

麺線長めの自家製麺。
これが啜り甲斐があって、気分的に麺を食べてるぜ~って感覚が強かった!

オーブンで焼かれた焼豚タイプのチャーシューはジューシーで美味いし…

や、これは恐れ入りましたm(_ _)m

とんでもなく美味かったです★

勇次とは屋号も味も一新したお店となっていたので、行く前はちょっと心配だっ
たんですが…

タイプは違えども、すんげーラーメンを食べられたことに大満足★★★

いや、ホンマ美味かったですわ。

ごちそうさまでした★★★★★

「煮干し鰮ラーメン 圓」

(住所)東京都八王子市横山町21-21
(電話)非公開
(時間)11時~15時、17時~21時
(定休)第2水曜 
(最寄駅)JR中央線八王子駅 徒歩5分!
2009年10月18日

新潟→東京ツアー3日目1軒目!

この日は朝から東京回り。
ツアー最終日となりました。

新宿の宿から中央線でドーンと立川まで。

今年の9月にオープンしたラーメン複合施設「たま館」がお目当て。
P1030043.jpgP1030044.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

たま館、土日は朝9時から営業してるんだって!
何時から仕込みしてるん!

このたま館には何とも個性豊かなお店が揃ってるんですが、お目当ては「煮干し青樹」!

以前行った「いつ樹」のスタッフの方が独立?されたのか、
普通の煮干しラーメンではない煮干しラーメンを創り上げたそうな。
P1030047.jpg

荒煮干しそば

これは…

何ともえげつないラーメン(驚)
タイプ的には豚骨魚介にカテゴライズされるんでしょうが…

ハンパない濃度に驚きです。
スープはドロンドロンのグチャグチャ、匂いは噎せるようなパンチがあり、
味わいはヘビー級。

こりゃ食べ手を選びそうな一杯ですねぇ。
エグみ苦味雑味一切お構いなしのハードコアなスープはまさに「足し算」のラー
メンの印象を強く受けましたが、これを個性と受け止めれるかは食べる人の味の
好みにかかってそうな気がする^^;

ボクは全然美味しくいただけましたけどね♪

パツっとした麺は小麦がギュッと詰まっているような質感の重い麺。
実際の麺量よりもかなり多く感じる麺でした。

しかし立川!
駅前には違うラーメン施設「ラーメンスクエア」もあるし…
すごくラーメン熱が暑い地域ですねっ!

名店・鏡花もすぐ近くにあるし、お店のセレクトが難しいですよ(汗)

ごちそうさまで~す!!!

「煮干し 青樹」

(住所)立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1階
(電話)042-512-8939
(時間)11時~翌2時(土・日は9時から)
(定休)無休
(最寄駅)JR中央線徒歩5分!
2009年10月17日

新潟→東京ツアー2日目・6軒目!

さらば新潟っ!

新潟駅構内で激しくお土産をお買い物して上越新幹線「MAXとき」に乗り込む!

P1030038.jpgP1030037.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

東海道新幹線に比べると車体がデカく見えましたが、デザインがかわいいですね(萌)

結局新潟では2日で13杯、どのお店も美味しかったですが、
特に印象に残ったのは「シェ」、「なおじ」、「杭州飯店」かな!

新潟のラーメンは煮干し主体の濃厚なものからチープな中華そば系のものまで色々なジャンルの
ラーメンが食べられる土地柄で、めっちゃ楽しい食べ歩きになりました♪

日付が変わる直前に歌舞伎町に到着、ゴールデン街の「凪」に突撃。
ここには今年のアタマにも来てますので、2回目となります。
P1030039.jpg

お店に入ると…
顔なじみの店員さんがお店を切り盛りしてたので焦りました(笑)

てっきり渋谷のお店にいてると思っていたので思わぬ再開でした(^^)
P1030040.jpg

つけ麺

凪のゴールデン街と言えば煮干し。

新潟で煮干し三昧だったにも関わらず、ここでもまた煮干しですか(笑)

荒々しい煮干し満開のニボニボスープはちょっと他ではお目にかかれませんよ。

2種の麺を交互につけ汁につけて食べているうちに口の中が
煮干し臭で充満している事に気づきますw

荒っぽいながらも洗練されてる印象で実に美味いですね♪(^o^)

つけ麺を食べながら、東京の麺事情についての情報収集。
いろいろ教えてもらって翌日の食べ歩きのプランが固まりました!

バンちゃんありがとね~(^_^)/

「新宿煮干しラーメン凪」

(住所)東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
(電話)03-3205-1925
(時間)11時30分~15時、18時頃~翌4時
    日・祝12時~翌2時
(定休)無休
(最寄駅)各線新宿駅から徒歩10分ぐらい
2009年1月22日

4軒目!

東京ツアーの大トリです。
東京の知人に最後の最後に迎撃していただきました(遅いよ(笑))
P1010562.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

さて、このお店。
複数の方々からの推薦を受けての突撃、ちなみに自分的には
全くのノーマークのお店でして(汗)

真新しいものはないものの、シンプルな醤油ラーメンっすよ、って予備知識。

『神田 磯野』

通し営業で助かりました!

知人の方と東京、大阪のラーメンシーンについて色々と話しまくりながら、
調理の手際をチラ見で覗く…

ものっすご丁寧に作ってはりますねぇ(驚)

醤油ラーメン。
P1010560.jpg

早速スープをいただく。
ん!

味わいは正にシンプル…

醤油のキレ、タチ。
深みのあるスープ。
少し甘さを含んだ醤油ラーメンです。
聞くと上澄みの脂は鴨を使ってるそうですが、かなりお上品な印象。

臭みも全くない上質なスープはかなりの逸品ですよ!

最近麺を少し変えられたみたいですが、中細のストレート麺。

コシとしなやかさを兼ね揃えた麺。

スープとのバランスを考えると、スープありきな一杯に感じましたが、
店主さんがすかさず『以前の麺よりもスープを生かす麺に変えてみました』との事。

うん!

こりゃ確かに極上の醤油ラーメンだね(^^)

インパクトも結構ですが、こうゆう王道的な一杯はやはり食べててホッとするラーメンですね。

奇をてらわないシンプルな醤油ラーメン、大阪でも『金久右衛門』などでいただ
けますが、このタイプのラーメンの更なる浸透を個人的には願いたいです。

美味しかった!

ごちそうさまでした!!!!

これにて東京レポ終了~~~
長々とお付き合いいただきthanksですm(__)m

「神田 磯野」

(住所)千代田区神田須田町1-3
(電話)03-3256-2929
(時間)11時30分~20時30分
    土曜・祝日11時30分~19時
(定休)日曜
(最寄駅)地下鉄淡路町・小川町・JR神田駅から歩いて5分以内(適当)

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(^_^)/
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2009年1月22日

3軒目!

1月9日開店の新店。
札幌ラーメンの名店「すみれ」の流れを汲むお店。
P1010554.jpg
(画像はクリックで拡大されます。)

メニューは味噌一本とゆう潔さです!

さてさて、事前情報でここの「ワイントン」なる豚肉を使ったチャーシューがかなりヤバいとの事…

ですが!
ワイントン味噌チャーシューは1800円の高額メニュー…

せっかくの遠征やし、ここは大枚はたくか!(笑)

1800円の食券を買い、これ見よがしに店員さんに食券を渡す!(爆)←貧乏症丸出し

カウンター上のワイントン説明カード。
P1010555.jpg

ワインを飲ませた豚なのね(そのまんま)。
ってか、アル中の豚なんでつか?(違・殴打)
とにかく稀少な豚肉らしいですが…

そんなワイントンの厚切りチャーシュー(肩ロース)が3枚ドカンと乗ったラーメンが到着しました。
P1010556.jpg

端っこでサイコロ状になってるのは普通の国産豚チャーシュー。

味噌はかなり濃いめの味付けで、スープにはたっぷりの油の膜。
これだけで「すみれ」の気配が漂っているのがわかります。
P1010559.jpg

この独特の黄色い麺!
他のラーメンだと100%合わないだろう麺が不思議とこのスープと抜群の相性なんですよねぇ。

スープは火傷しそうなぐらいアチアチで、今の季節にピッタリ(^^)
ズビスビ~と麺をすすり、ゴクゴクっとスープを飲む…

あぁ、幸せ(*^_^*)

濃厚味噌ラーメンの醍醐味ですね。
体の芯まであったまります。
ちょこんと乗せられたすりおろし生姜もいい働きしてます。

口の中をサッパリしてくれますよ。
よく考えてるなぁ…

そして主役のワイントンチャーシュー!
P1010557.jpgP1010558.jpg

結論から言えば、なんぢゃこりゃ!ってぐらい美味いっす!

しっとりした肉質、臭みも全くなく、脂身がハンパなく美味い!

そりゃ高いわ、ってお味ですね。

この美味さを例えるとそうだな…

ボンジューッる!!!!(何)

って感じです(爆)

ごちそうさまでした!!!!

「麺仙 葵賀佐」

(住所)東京都文京区千石1-23-7
(電話)03-3941-3244
(時間)11時~20時(1日200食)
(定休)月曜(祝日の場合は翌日)
(最寄駅)都営三田線千石駅A2番出口 徒歩速攻!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(^_^)/
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。